HOME > ブログ > 東北震災復興状況視察

東北震災復興状況視察

2013-05-21

先日、3日間で福島県全域、宮城県全域、岩手県の陸前高田市の震災復興状況を視察してきました。

福島県の東電第一原発付近は海岸沿いの主要幹線道路が通行止めで立入禁止があり人気が全くない状況で改めて被害の大きさと除染作業の難しさを感じました。

宮城県および陸前高田市の広範囲にわたる津波の被害地域は復興計画が決まっていないためか、がれき処理は進んでいましたが土地のかさ上げ工事はまだ手を付けられていない状況でした。

その中で宮城県の女川町でかさ上げ工事が一部で進んでいることと南三陸町で津波被害の跡地で1年半にわたり元気で商売をしている一軒の商店が印象的でした。

復興工事はまだ土木工事の段階で一部の堤防工事、除塩作業、がれき処理等が主体で計画を含めた建築工事はまだまだ手を付けられていない状況でした。報道でもある通り復興計画、工事のマンパワー不足をつくづく感じました。

今後も東北の被災者の皆様に何らかの形で復興支援ができるようにしていきたいと強く思い、帰路につきました。

DSC00222 DSC00253_R

宮城県女川町の復興状況               南三陸町の津波被害地の商店

Related posts:

軽井沢千住博美術館
犬の里親募集中
水回り施工事例1件を追加しました

コメントを書く





コメント内容


Copyright© 2018 株式会社アーク創研 All Rights Reserved.