HOME > ブログ > 横浜の杭工事欠陥問題を考える

横浜の杭工事欠陥問題を考える

2015-10-20

今回、大手M社分譲の大規模マンションが杭業者の施工不良により1棟の建物の沈下が大きな問題としてマスコミに取り上げられています。またその事象が他のマンションの杭だけでなく品質問題として取り上げられています。

現在は杭施工業者の現場責任者のデータ改ざんが一番の問題で杭施工業者の過去施工建物3000ヶ所のデータを再調査するといち早く公表しています。

はたしてこの問題は杭業者の現場責任者だけの問題なのでしょうか。一番の問題は地盤調査を実施して杭設計をしている設計施工会社が川上段階での検討不足がその後の川下段階での工事に影響を及ぼしています。杭の掘削段階で設計と違う杭長の計測結果が現われた場合に対応処置による工事の停滞、コストへの影響は大きなものがあります。

元請会社はこのような問題が起きた時の全責任を負っています。設計部門、発注会社、杭材料納入会社との協議を短期間に解決しなければなりません。

第三者として今回の問題を新聞報道等で情報を得ているため実際のやり取りがわからないのですが少なくとも設計監理会社、元請会社の責任が大きいという事実はあると思います。

Related posts:

中山法華経寺界隈
朝日住まいづくりフェア2013の見学記
豊洲新市場問題を考える

コメントを書く





コメント内容


Copyright© 2017 株式会社アーク創研 All Rights Reserved.