HOME > ブログ > 横浜の杭工事欠陥問題3

横浜の杭工事欠陥問題3

2016-01-07

先日、杭工事欠陥問題の国交省有識者委員会の中間報告がまとめられた。

大きな点では建築業界全体の体質、企業風土の問題が指摘されている。

再発防止策として杭を支持層に届かせそれを確認する責任を元請が行うという指針を作成するように求めている。また下請各社が主任技術者を配置することを元請のM社が指導しなかったことを指摘している。また今まで問題視されなかった1次下請H社が請負った工事の主たる部分を直接工事施工者A社に請負わせていたと実質的に施工に携わらない企業の排除を提言している。

今後の対策として姉歯事件とは問題の次元が違うということで法改正や罰則の導入には踏み込まなかった。

今までのマスコミ報道と違いやはり本質的な問題点を指摘していることを大いに評価するとともに建築業界に長く携わる者として大いに反省すべき点があると考えている。

Related posts:

朝日住まいづくりフェア2013の見学記
船橋市海老川沿いの野良猫
横浜の杭欠陥問題2

コメントを書く





コメント内容


Copyright© 2017 株式会社アーク創研 All Rights Reserved.