HOME > ブログ > 高齢者の住宅の悩み

高齢者の住宅の悩み

2013-06-03

70歳を過ぎると誰でも将来の住居をどこにするかを悩むものです。

現在住んでいる戸建住宅またはマンションにそのまま住んで将来は在宅介護を受けるか、また車の運転が難しくなるため駅近のマンションに引っ越しをするのかまた車椅子が必要となり、移動に支障をきたすことがある場合には介護施設に入居するのか現在、選択肢は非常に増え大いに悩むものです。職業柄、数多くの介護施設を見ていることからアドバイスはできるものの結局は当事者の生き方、考え方、介護の度合い、介護者の存在また経済的な事情を考慮すると選択肢は限られてきます。

大半の人はできれば住み慣れて友人が多い今のままの住居に最後まで住みたいと思っているのでしょう。住宅のリフォームも自己所有、賃貸、戸建、マンション等の条件により制約が出てきます。ただ工事をするだけでなく自宅での生活スタイル等、十分話し合った上で総合的な判断でのリフォームが大切です。また場合によっては自宅以外での選択肢も含めて気軽に相談してください。

DSC00372

Related posts:

JR高円寺駅北口の噴水オブジェ
ムクドリの飛来
水回り施工事例1件を追加しました

コメントを書く





コメント内容


Copyright© 2018 株式会社アーク創研 All Rights Reserved.