eyecatch_reform
HOME > 業務内容 > 助成金(補助金)が活用できる介護用リフォーム ~健康・快適なシニアライフ~

助成金(補助金)が活用できる介護用リフォーム ~健康・快適なシニアライフ~

在宅介護のための住宅リフォームは、 居宅介護住宅改修の支給対象となる場合があります。

介護用リフォームと居宅介護住宅改修(手すりの取り付けや、段差の解消といった生活環境を整え健康・快適なシニアライフを!)手すりの取り付けや、段差の解消といった生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して、自治体から要介護区分に関係なく20万円を上限とした住宅改修費が支給されます。

※在宅介護のための住宅リフォームの1割は自己負担となります。

介護リフォームは住宅環境を改善するためのリフォームですが、介護される側にも介助する側にもメリットのあるリフォームです。そのメリットとは、

 

 

介護用リフォームと居宅介護住宅改修(手すりの取り付けや、段差の解消といった生活環境を整え健康・快適なシニアライフを!)

1.事故の予防
急な階段や敷居などのちょっとした段差でも転落や転倒の引き金になります。それが原因で骨折し、寝たきりになるなどの事態も招きかねません。介護リフォームでこうした部位をリフォームすることで事故を予防できます。

2.自立度のアップ
介護リフォームによって「自分でできることが増える」ことで、日常の行動範囲が広がり、健康的な生活を維持することができます。

3.介助者に心身のゆとり
動きにくい間取りや使い勝手の悪い設備は介助する人に、肉体的・精神的負担をかけます。介助のしやすい介護リフォームを施すことで、介助者に心身の負担を軽くすることができます。

 

介護用リフォームの施工例  ※写真をクリックすると拡大表示されます。

【手すり】要所要所に手すりを設置することで、転倒事故が防げるだけではなく、外出することにも億劫さがなくなり、日常生活を健康的なものにします。 【浴室】出入り口、浴槽につかる/浴槽から上がる位置、シャワーチェアなどで立ち座りする位置、入浴中の座位を保持する位置に手すりを取り付けます。 【トイレ】車椅子から便器への移乗のために、あるいは慎重に腰をおろしたり、ゆったりと立ち上がるために手すりが必要です。車椅子から便器への移乗には横型が、立ち上がりには縦型のてすりが効果的という視点から、L字型の手すりが安全・安心です。

アーク創研は、 あなたが

「仲間と家族と明るく楽しく過ごすため、健康・快適なシニアライフにするため」

の介護リフォームをご提案させて頂きます。

 

原則として工事着工前にあらかじめ「市区町村の同意」を得ておかなければなりません。工事の前に保険給付の対象となるかをケアマネージャーまたは市区町村の窓口に相談しましょう。もちろん、困ったことやご要望などお気軽に当社にご相談ください。

 

在宅介護のための住宅リフォームの保険給付を受け取るために必要な書類

ご不明な点はお問い合わせ時にお気軽にご相談ください。

 

市区町村からの補助金対象リフォーム内容は、-手すりの取り付け -段差の解消 -滑りの防止 -移動する際の円滑化のための床や通路面の材料の変更 -開き戸から引き戸への扉の取替え -和式便器から洋式便器への便器の取替え -その他、ご不明な点は当社までお問い合わせください。

bnr_inquiry

Copyright© 2017 株式会社アーク創研 All Rights Reserved.